上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
術は深夜2時過ぎから開始です(お決まりですね)

3時半くらいには終わっていました

今回は笑気麻酔をプラスしましたのですが、これは採血の時に前回もお世話になった看護師さんから聞いて決めました

笑気麻酔は歯科医院でも使われていたりする、副作用の少ない安全な麻酔と言われています

値段は10,800円です

目の手術は局所麻酔が一般的ですが、笑気麻酔を追加して良かったなーと実感!

【笑気とは「亜酸化窒素(N2O)」の別名で、名前の由来は、このガスを吸った患者さんが、笑ったような、少し引きつった表情になることからそう呼ばれるようになったそうです】

笑気ガスを鼻から入れるのですが、5分しないうちに段々力が抜けていき、先生や看護師さんの声は聞こえるのに、自分はどこか遠くでそれを見ているような、「死んで魂が抜けるとこんな感じなのかな~」とか…とても不思議な感覚になります

笑気麻酔をしているお陰で目の周りに刺しまくる麻酔の注射の痛みもあまり感じず、「おおー刺されてるなー」みたいな軽いチクっとする感覚があるくらいです

目尻を切られている感覚もありますし、縫われている感じもよくわかります痛みはありません

美容整形というものは、こういう「切られてる切られてるぞー!」と楽しめる人こそ向いているんじゃないかなと思います( ;´∀`)

全身麻酔と違い、手術の後20分くらいベッドで休んでからすぐに立ち上がることが出来ました

足元がふらついたりすることもなく、洋服を着ることも全く問題なく出来たので、前回と比べてみても随分とラクでした!!

サングラスと帽子を持参したのですが、目元のグロさというか傷跡や内出血は広範囲では出ておらず、本当に目の下と目尻部分だけだったので、サングラスはなくても平気で眼鏡と帽子でコンビニに寄ってご飯を買い込みタクシーで帰宅をしました

いつも通りに食事をし(普通は食欲がないもの?!)処方された抗生物質と痛み止めのロキソニンと胃薬を飲んで就寝

よく寝て起きてみましたが、目やにが多めに出ているものの、痛みや目が開けにくいなどといった事は一切ありませんでした

もっと痛くてしんどいものを覚悟していたので、少し驚きました( ゚Д゚)

シャワーを浴びて髪の毛も洗い、顔はTゾーンのみ洗顔料をつけて、目の周りはお湯で流すだけにしました

痛みがないので、ロキソニンは手術の後1度飲んで終わりです

抗生物質は毎食後飲んでいます




※この後、目のグロ画像が出てきます







それでは、目尻切開1日目の写真です




20160918121504.jpg


糸が残っているので、その糸を留めるテープが目尻についています


20160918122147.jpg


このテープは絶対に剝がさないようにね!と先生に言われました

糸が飛び出て目に刺さってしまったりするようなので、この部分はなるべく触らないようにして抜糸の時まで耐えますw

手術翌日はこんな感じです( ´∀`)

また経過を書いていきますので、読みに来てくれたら嬉しいです

オレオは店頭からもう消えていますね( ノД`)
リッツ チーズサンド 237円
にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へにほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ
にほんブログ村
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。